ダイエットしても痩せにくい二の腕の原因とオススメ対処法

こんにちは!femigran編集部です。
朝晩が急に冷え込んできた最近、寒いからといってお家でゴロゴロ、脂肪を溜め込んでいませんか?特に女性の二の腕は筋肉量が少ないため脂肪がつきやすく、ダイエットしても脂肪が落ちにくい部位です。
今日は痩せにくい二の腕の原因と、簡単にできるオススメ対処法をご紹介します。

目次

  1. 放っておくと太いまま!?二の腕が太くなりやすい3つの理由
  2. 二の腕痩せに効果的なオススメ対処法
  3. まとめ

1、放っておくと太いまま!?二の腕がたぷたぷしやすい3つの理由

二の腕が太くなる原因として考えられるのは、主に下記の3つ。自分がどのタイプかしっかり照らし合わせ、効率的なケアを行いましょう。

1-1、筋肉が少ない

冒頭でも述べたとおり、二の腕はそもそも筋肉量が少ないため周囲の脂肪が消費されにくく、余計なお肉を溜め込んでしまいがち。特に、普段あまり使う機会の少ない上腕三頭筋は衰えやすく、二の腕の下側がたぷたぷとたるんでいる方は筋トレ等の集中的なケアもオススメです。

1-2、身体の巡りが滞っている

体内の老廃物や余計な水分は、リンパ管を通して体の外へと排出されます。
しかし、パソコンやスマホの使用などで長時間同じ姿勢をとっていると、筋肉や関節の運動が充分に行われず、リンパ節が詰まってしまい、老廃物や水分がうまく排出されません。
二の腕を触るとひんやりしている方や、運動をする習慣が少ない方は、マッサージやヨガ等で二の腕をほぐす事からはじめましょう。

1-3、姿勢が悪い

猫背や巻き肩等、姿勢が悪い場合も二の腕が太くなる原因となります。正しくない姿勢で過ごしていると、上腕三頭筋も正しく使われないため、二の腕のお肉を支えきれず、たぷたぷとたるんでしまいます。また筋力が衰えると身体の巡りも悪くなり、老廃物や水分が溜まってむくみの原因にもなってしまいます。
習慣的に姿勢が悪くなりがちな方は、ストレッチ等で身体の柔軟性を高めるケアもオススメです。

2、二の腕痩せに効果的なオススメ対処法

ボディラインがハッキリと出るタイトな服やノースリーブをカッコよく着こなしたいなら、細い二の腕をキープしたいですよね。上記のように、ダイエット等を頑張ってもなかなか痩せにくい女性の二の腕。ここからは、二の腕のたぷたぷ解消のために、femigran編集部オススメの対処法をご紹介します。

2-1、1回3分、二の腕引き締め特化型マッサージ

まずは、キツい運動等がニガテな方のために、1回3分ほどでできる簡単マッサージをご紹介。お風呂上がりや、入浴中の時間を利用して行うこともオススメです。

①腕を挙げ、壁にもたれかかるように体重をかけ、脇の下と二の腕を伸ばす。
②手首から脇の下に向けて、指の腹で腕の内側を揉みほぐす。
③腕の外側も同じように、手首から脇の下に向けて揉みほぐす。
④二の腕の下側、たぷたぷしている辺りを、つまむようにして揉む。
⑤手首からひじ、脇の下に向かって、手のひら全体でさするように流していく。
⑥親指をほか4本の指で脇を挟み、痛すぎない程度に強く揉む。

マッサージする際のポイント
①お風呂上がりに行う
湯船につかり体をしっかりと温めた後は、体がほぐれ、一時的に血行や身体の巡りが良くなっている状態。入浴後のマッサージはむくみ取りにも効果的です。
②オイルやクリームを使う(入浴中以外)
素手のままでマッサージを行うと、摩擦が生じてお肌がダメージを受けてしまいます。マッサージをしながらお肌のケアもできる、保湿成分入りのものがオススメです。

2-2、軽めの運動、バスタオルを使ったエクササイズ

運動不足と感じている方には、マッサージだけでなく、体を動かすことで血行を促進させ、柔軟性を高めることもポイント。とは言え筋トレはハードすぎるという方には、バスタオルを使ったエクササイズがオススメです!

①ベッドの上に丸めたバスタオルを縦向きに置き、肩甲骨の真ん中に来るように仰向けに寝る。
②ひじを90度に曲げ、小指が天井の方を向くようにして、両手を上(頭の方)へ伸ばす。このまま90秒キープ。
③立ったまま、天井に向けて両腕を伸ばす。
④両腕を曲げたり伸ばしたりを90秒繰り返す。

2-3、時間とやる気があるなら、筋トレも

ダイエットの目標期間があり、少しでも早く二の腕痩せを実現したい方には、ちょっとハードな筋トレもオススメ。今回は仰向けで行う腕立て伏せのような運動、リバースプッシュアップのやり方をご説明します。

①体育座りの体勢から両足を少し前に伸ばし、両手をお尻の後ろの床につける
②両手足を重心にして、背筋を伸ばすように腰を浮かせる
③上腕三頭筋(二の腕の裏側の筋肉)を意識しながら肘を曲げ、腰を落とす
④上記工程を30秒繰り返す

リバースプッシュアップのポイント
・二の腕に意識を集中させて行う
・下ろす時に吸い、上げる時に吐く
・足はできるだけ伸ばす
・顔を前に向ける

3、まとめ

いかがだったでしょうか?効率的な二の腕痩せには、巡りを良くして痩せやすい状態へ身体を整えることが重要です。寒さも増していくこれからの季節、1日の終りにはしっかりと湯船につかり、適度なマッサージで体をほぐしてあげてください。

※本稿での「マッサージ」とは、もみほぐしやリラクゼーション行為としての広義の表現であり、特定の資格を持つ施術者によるものではありません。